<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
小学校のようにSOHOをつくる?!…仕事場の緊張感と住まいのやすらぎをあわせ持つ空間のために
a0076828_20513888.jpg












案を練っているうちにだんだん家具、特にテーブルの
レイアウト、大きさ、かたちがポイントになってきました。

大きなテーブルを一つドンと置いてやるとか、
小さいテーブルをたくさん並べてやるとか、
試しているうちに気がついた。

「これって小学校じゃん。」
理科室や家庭科室の風景。

ふと、SOHOを昔の小学校のようにつくってはどうかと思いつく。

小学校は勉強をする場でもあるし、遊ぶ場でもある。
SOHOは仕事場でもあるし、住まいでもある。
どちらも緊張する場と、リラックスできる場が共存する空間だ。

これは意外といけるのでは?!
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-06-30 20:55 | 設計中!
50パターンのプランを元にしてディスカッション。そして次のステップへ!
a0076828_23505261.jpg












50パターンのプランを元にして所内でディスカッション。
それぞれの長所と短所や発展の可能性、
実際使うとどういうことが起こるか、
について一つ一つ検証していきます。

その結果決まった次の方向性は以下の二つ
・オフィススペースで接客スペースと作業スペースとの関係をどうするか?
はっきり区別した方が良いか?それともつなげてしまった方が良いのか?

・Sさんは南の和室4.5畳を模型工作室、北の和室6畳を寝室にしたいと言っていたけど
逆にしたほうが、寝室というプライベートのスペースをオフィスからしっかり分離できるので
プランの可能性の幅が広がる。Sさんの要望とは異なるけど、試してみる価値はあるのでは。

このあたりを数日かけてさらに検証していきます。
実験と検証しながらデザインをブラッシュアップして行く…
これがわたしのデザインの進め方です。

ただの思い付きでは生み出すことのできないタフなデザインが
そのプロセスから浮かび上がってきます。

[PR]
by yoshinaga-son | 2006-06-28 22:03 | 設計中!
プランニングの方向性を決める。そしてひたすら案を書くべし書くべし。
a0076828_21241490.jpg












所内でプランニングの方向性をディスカッション

ポイントとなるのは
・機能的、かつ窓からの眺められる環境の良さを楽しめる事務室のレイアウト
・ゲストを迎える事務所の顔としての玄関ホールの扱い方
・料理作りが楽しくなるようなキッチン
・仕事の疲れをしっかりととってくれる寝室

*
基本的が方向性が決まったら、
とにかくたくさん案を書き出します。

ありえるものありえないもの、
可能なもの不可能なもの、
機能的なもの機能的でないもの…

「ボツには神が宿る」と言います。
頭からこれは良い/悪いと決めつけず、
ボツを恐れず、ひたすら紙に向かって

書くべし!
書くべし!


そのラッシュの中からベストなプランが浮かび上がってきます。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-06-26 21:30 | 設計中!
調査結果を図面化
a0076828_21162378.jpg
事務所に戻って調査結果を図面化。
これがまた大変。
忘れないうちに済まさなければ、
訳わからなくなります。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-06-21 10:14 | 設計中!
ラグジュアリーと機能性に富んだSOHO空間を!…長岡京竹の台団地リフォームプロジェクトのMISSION
a0076828_2028968.jpg












このプロジェクトの施主であるSさんはさまざまな分野で
活躍されているフリーデザイナーです。
周辺の環境もよく、交通の便もいい竹の台団地のロケーションを気に入られて
現在も住居兼オフィスとしていますが、住宅そのままのインテリアでは、
事務所として使い勝手がいまいち…。そこで、SOHOへのリフォームを
思い立たれました。

*
Sさんから出された要望は以下のとおりです。
・事務所としての体裁を整えたい。機能的なオフィスを。
・南側の和室と洋室を一室にまとめて事務室と接客スペースにしたい。
・残りの和室のうち一室は模型工作室、もう一室は寝室にしたい。
・キッチンはキッチンユニットを入れ替える。調理スペースを充実させたい。
・収納スペースをまとめたい。特に本棚がたっぷり欲しい。
・自転車を置くため、玄関を広くしたい。

と、いろいろ手をつけるところはあるとはいえ、静かな森に囲まれたこの環境は、
都心のオフィスでは決して手に入れることができない大きなアドバンテージです。

環境の豊かさ、ラグジュアリーさを活かしながら、機能性の高いSOHO空間を提供する。

これがこのプロジェクトのMISSIONです。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-06-20 21:00 | 設計中!
ねちねちごそごそ。大変だけど、これが大切!…現地調査
a0076828_00447.jpg












今日は現地調査。
所員と二人で2時間がかりで、部屋のありとあらゆるところを調べまくる。

部屋の大きさを測ることももちろん重要だけど、
どこにコンセントやガス栓があるかを調べるのも重要。
T団地の構造はプレキャストコンクリート造。
コンセントなど設備類がコンクリートの中に埋め込まれていると、
位置を動かすのが難しくなるので、その点しっかり把握しておかないと
工事が始まってから、おやおやと言うことになりかねない
(その点、木造のりフォームは楽なのですが)。

そんな緊張感のある作業の中、60年代当時の設備のレトロさは
ぼくらの気持ちをなごませてくれます。

画像左)玄関ブザー。真ん中のツマミで音量を調整する。丸い形と色使いがラブリー。
画像右)なかなか味のある給湯器。

a0076828_23571532.jpga0076828_23573299.jpg
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-06-20 20:00 | 設計中!
『長岡京竹の台団地リフォームプロジェクト』とは
かつて、庶民の憧れの住まいであった団地。
いまでは、空き家が目立つ団地。

かつて、現代生活の「豊かさ」を語る上で外すことができなかった団地。
いまでは、現代生活の「貧しさ」を語る上で外すことができなくなってしまった団地。

昨今、住む人がいなくなって廃墟化したり、
解体される団地をよく目にするようになりました。
しかし、そんな団地も、跡地にニョキニョキ林立する高層マンションに
比べれば、相当ヒューマニティーあふれる住空間のように僕は思います。



30年あまりの年月に育まれた豊かな緑に周囲を
覆われ、まるで森の中のように静かで安らぐ環境。

“○○団地行き”なんて専用のバス路線もあったりして
意外と交通の便もよく、住むためのロケーションとしては申し分ない。

時代が一巡してレトロ感を漂わせ始めているし、
それでいて結構手ごろな値段で売りに出されていたりする。

これは、ちょいとお金をかけてリフォームしてやれば、
建売住宅を買うより安くてリッチでおしゃれで便利で快適な住まいを
手に入れることができるのではないかと思います。


そんな仮説を証明するプロジェクト、
それがこの『長岡京竹の台団地リフォームプロジェクト』


このプロジェクトは60年代に建てられた団地の一室を、
あるデザイナーの方のオフィスと住居としてリフォームするプロジェクトです。
このたび、クライアントであるSさんのご厚意により、
そのプロセスをブログというかたちで公開することになりました。
万博世代の住空間がどのようなプロセスでどんなSOHO空間に生まれ変わるのか。
ご期待ください。

VIVA団地!
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-06-20 10:00 | はじめに
設計者ヨシナガのプロフィール
●高槻市で吉永建築デザインスタジオという建築の設計事務所を主宰しています。目指すはシンプルで、ナチュラルで、たのしいコトをおこし、ボーっとできる[シナコトボ]建築。
吉永建築デザインスタジオ

●ナショナル リビングショウルームで月1回建築相談のコーナー「建築家なんでも相談会」を受けもっています。
ナショナル リビングショウルーム箕面店

●趣味で京町家を“違った”視点でとらえたホームページも主宰しています。ごらんあれ。
キョート*ダンメンロシュツ

●「けんちくの手帖」というけんちく本の出版プロジェクトを運営しています。関連イベントとして3ヶ月に一回ペースでarchitects’ BAR 「けんちく本つくりたい人集まれ」を開催しています。
けんちくの手帖

●定期的にCommon CafeでDJをしております。ついにDJセットを購入、日夜テクに磨きをかけております。
Common Cafe


---------------------------------------------------------------------
●経歴
昭和42年 大阪府生まれ
平成元年 大阪工業大学建築学科 卒業
平成元~5年 東京工業大学建築学科大学院 坂本一成研究室 在籍
平成6~9年 長谷川逸子・建築計画工房 勤務
平成9年 シーラカンスK&H 勤務
平成10年 吉永建築デザインスタジオ一級建築士事務所 開設
平成16年 けんちく本出版プロジェクト「けんちくの手帖」プロジェクト設立

---------------------------------------------------------------------
●メディア出演・掲載歴
平成14年 住宅誌「lives」vol3 掲載
平成15年 「Memo男の部屋」 掲載
平成16年 KBS京都テレビ「谷口な夜」 出演
       就職情報誌「salida」12月27日号 天職ゲッターズ インタビュー掲載
平成17年 KBS京都テレビ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」 出演
       NHKBS2「熱中時間」 出演
       高校生向け情報誌「ドリコムニュース高校生」4月号 インタビュー掲載
平成18年 KBS京都テレビ「京都!ちゃちゃちゃっ」 出演
      パソコンテレビGyao 「NEWS Gyao」にビデオ出演


---------------------------------------------------------------------
●賞歴
平成 4年 くまもとアートポリス'92デザインコンペティション「田園にたたずむキオスク」最優秀賞受賞
平成 5年 タキロン国際デザインコンペティション'93「都市の音回廊」最優秀賞受賞
平成 6年 プレキャストパラダイス'94建築設計競技「プレグリッドによる家」佳作
平成 7年 くまもとアートポリス'95デザインコンペティション「公園施設としてのバス停」上位50選
平成14年 別大拠点整備デザイン 入選
平成15年 日経アーキテクチャー750号記念コンペ 選外佳作
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-06-19 22:50 | 設計者プロフィール