カテゴリ:VIVA!団地( 14 )
『デメキンデザインニュース』で団地の話をしています
プロダクトデザイナーの友人たちと『デメキンデザインニュース』という
ポッドキャストを利用したデザインのトーク番組をつくっています。

その3/15配信分で団地の話をしています。聞いてね。

デメキンポッドキャストへ
[PR]
by yoshinaga-son | 2008-03-17 23:52 | VIVA!団地
CASABURUTUS/座談会『団地はリノベーションで生き残れますか?』
今日発売の雑誌CASABRUTUS
団地づいている建築家わたくし吉永健一と
団地ブームの火付け役住宅都市整理公団大山顕氏
団地在住「団地界の勝ち組」小林良氏
による座談会『団地はリノベーションで生き残れますか?』が
掲載されています。

バンドのジャケ写見たいな写真でかっこよく写っていますので
よろしくごらんください。

T団地SOHOも小さくですが紹介されています。
[PR]
by yoshinaga-son | 2008-01-10 13:10 | VIVA!団地
「団地特集」ページつくりました
本家の事務所ホームページに「団地特集」のページをつくりました。
T団地SOHOにはじまったここ一年の団地活動を簡単にまとめてあります。
[PR]
by yoshinaga-son | 2007-12-20 23:03 | VIVA!団地
『リフォームしたい!ときにすぐ読む本 関西限定版』
リフォーム雑誌『リフォームしたい!ときにすぐ読む本』
“中古購入×リフォーム”大特集というので買ってみた。

物件選びや、段取り、お金のことなどが30近くの実例付で
紹介されています。“中古購入×リフォーム”を考えている人には
とても参考になるのではないでしょうか。

おすすめです。

団地の例がないことを除いては。
わかってないなぁ、もぉ。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-12-04 20:31 | VIVA!団地
観光客にもまれずゆっくりと紅葉を楽しめる団地
昨日のブログで現場画像をアップできなかったかわりに
団地の紅葉をお楽しみください。

観光客にもまれずゆっくりと紅葉を楽しめる。
VIVA!団地。

a0076828_18144031.jpg
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-12-02 18:18 | VIVA!団地
消え行く団地のシンボル…給水塔
団地の風景にアクセントを与えるもの、それは給水塔。

水道圧が高くなったため不要となり、団地自体は建て替えをまつ前に
つぎつぎと壊されていっています。

この団地も例外ではなく、取り壊す話が出ているそうです。
建設当時は斬新で団地のシンボルであっただろうこの給水塔。
時代の流れとはいえ寂しい気がします。

a0076828_19153786.jpg
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-11-17 19:16 | VIVA!団地
高速道路と団地…高度成長期を象徴する二大建造物驚きのハイブリット!
三連休中に見学したもうひとつの団地。
高速道路の脇に建つこの団地は
なんと3階と地下で高速道路と接続している。

許可をとって団地と高速の接続している場所を見学。
ドアを開けると目の前をびゅんびゅんト車が走り抜ける
見まごうこともなき高速道路の風景に圧倒される。

実はこの団地、道路公団の事務所と職員住宅が
一緒になっているという、高度成長期を象徴する
二大建造物驚きのハイブリットなのだ。

高速道路も許容できるなんてなんて懐が深いんだ、団地よ!

a0076828_1712084.jpg











a0076828_17121784.jpg
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-11-03 17:07 | VIVA!団地
団地マニア界の勝ち組!Kさんのお宅訪問
11月の三連休にとある団地好きの方のお宅を訪問してきました。

そのかたは団地好きが昂じて、ついに団地を買ってしまい
専門技術が必要な箇所以外は自力で改修したという
団地マニア界の勝ち組です。

部屋の中央に置かれたガラス張りの浴室からは
窓越しに緑と空を楽しむことができます。
また部屋の真ん中がガラス張りのおかげで
お宅全体をどこからも見通せることができます。
実にきもちよい。

こんなに心地よく改装できるなんて。VIVA団地!

a0076828_16545186.jpg
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-11-03 16:40 | VIVA!団地
ななんと、こんな本が!…“カントリー”と“団地”の邂逅
ななんと、こんな本が!

毛塚千代さんの団地で見つけた小さな幸せ
私のカントリー別冊
毛塚 千代 著

団地=レトロモダンスタイルという定石をくずす
団地で過ごすカントリーライフの提案の数々。
団地の質素さ、環境の良さを考えれば
たしかに“カントリー”なくらしにマッチするかも。

団地の裾野は思った以上にひろがる可能性を持っているようだ。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-10-11 15:40 | VIVA!団地
ということは『社宅ブーム』か?!
先日このブログで『なぜ社員旅行や社内運動会が増えているのか?…高度成長期ブーム到来?!』という文を書いた。

この文を読んだ知り合いによると
少子高齢化で労働人口が減り、終身雇用も崩壊しつつある中で
いかに従業員を確保し、そして逃さないか…
これが昨今企業にとってホットなテーマとなっているとのこと。
その流れでかつての福利厚生手段、つまり運動会や旅行が増えてきているらしい。

よく考えれば社宅もかつての福利厚生の一つだ。
ということは『社宅ブーム』も到来か?!
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-07-27 15:30 | VIVA!団地