カテゴリ:設計中!( 28 )
工事請負契約が結ばれました!
いよいよ工務店とSさんとで工事請負契約が結ばれました。

今回工事を担当する現場監督らスタッフと顔合わせも行いました。
なかなかいい顔ぶれです。工務店のこのプロジェクトへの意気込みが伝わります。

ますますプロジェクトの出来が楽しみになりましたよ。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-10-24 14:32 | 設計中!
いよいよ工事がはじまります
a0076828_16394342.jpg










Sさん、工務店と設計事務所の3者で打ち合わせ。
工事金額と工事工程そして着工までの段取り、契約の内容を確認しました。

いよいよ来週、工事契約を結んで11月1日から工事が始まります。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-10-20 16:16 | 設計中!
いよいよプロジェクトは設計から工事へ!
a0076828_1592254.jpg












Sさんに工務店の見積を提出。

さて、気になる金額は・・・・・・・・・・おっ!

想定範囲内でおさまっていました。よしよし。

いよいよプロジェクトは設計から工事に移って行きますよ。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-10-17 21:13 | 設計中!
見積チェック中!…工務店から見積書が提出されました
a0076828_22143799.jpg












工務店から見積書が提出されました。

気になるその金額は!・・・・・・・・・・・・・

おっ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まずは金額が適正か、見積漏れがないかなどをチェックチェック。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-10-16 22:27 | 設計中!
見積開始!
a0076828_1530387.jpg











工務店に見積用の図面を渡しました。
一週間後に見積UPの予定。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-10-10 11:30 | 設計中!
工務店も興味津々!?…見積前の事前調査
a0076828_20375560.jpg
















今日は見積もりを依頼する工務店を現場に連れて行きました。

この団地は当時建設会社がかなり気合を入れて作ったもののようで、
時代的に古くなったとはいえ建築のプロからみると、「ほぉ」という箇所が端々にみられます。

工務店の方も現地の下見をしながらも、一建築小僧として40年近く前の団地のつくりに
興味津々で調査をしていました。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-10-06 17:15 | 設計中!
いよいよ設計も終盤
a0076828_2231224.jpg












Sさんと設計の最終確認の打ち合わせ+念のため現場を再調査。
これから実施図面をまとめて来週には工務店に見積を依頼します。
見積が予算におさまればそれでよし。順調に行けば今月末には着工となります。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-09-26 22:12 | 設計中!
テーブルにはまだまだできることがあるよ…三つのテーブルのデザイン
a0076828_1956984.jpg












3つのテーブルについて考える。
ふたつは普段の仕事のためのワークテーブル
もうひとつはダイニングテーブル

そもそもテーブルとは床より高い位置にものを置いて作業をするための家具だけど、
テーブルを巡って繰り広げられる“こと”はそれ以外にもある。

かゆいときに足をこすりつける、

電球を替えるときに踏み台にする、

地震時は下に隠れる、

気に入らない料理の時はひっくり返すなど。

ものを置く以外の“こと”にも注視してみればテーブルのデザインには
まだまだ考えるべきことがあるに違いない。

いま考えているこの三つのテーブルも
パソコンを使うことやフレキシブルなレイアウトや
SOHOであることなどなど意識しながら
デザインしている。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-09-15 19:39 | 設計中!
設備から生活像をつかむ!…設備機器の打ち合わせ
a0076828_0171831.jpg












今日はSさんと設備関係の打ち合わせ。

以前、勤めていた設計事務所で団地の建て替えを担当したことがある。
風通しや日当たり、すっきりしたインテリアなど
さまざまな工夫を凝らして設計をしたけど、
竣工後アンケートを取ってみると
「洗面台がきれいになってよかった」
とか
「風呂にシャワーがついて便利になった」
など、ほとんどの回答が設備についてのことだった。
それだけ現代社会では照明や空調、キッチン、浴室など
設備のチョイスの仕方が実感としての住まいの快適さを
左右しているのだろう。

また、施主にしてみると床や壁がどんなもので仕上げられるかより
どんな設備をいれるかを考えたほうが
そこでどんな生活がおくれるのか想像しやすいもの。

そんなことを意識しながら照明やコンセント、ガス栓、エアコンなど
ひとつひとつ丁寧に打ち合わせ。
設計者としてもここでの生活像がつかめてきました。
次にその生活像をより快適なかたちで実現するために
細かいところを詰めていかねばなりません。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-09-02 00:43 | 設計中!
心地よさを実感。実物に勝るものなし!…Sさんと仕上げの打ち合わせ
a0076828_2241144.jpg












Sさんと床や壁の仕上げについて打ち合わせ。

仕上げの打ち合わせではメーカーからサンプルを取り寄せて
あれやこれやと検討するのが一般的なのですが
小さなサンプルから、それが部屋一面に仕上げられた状態を
完璧にイメージするのはプロでも難しいことです。

そこで、昨年建て替えた私の家では、うちの事務所で
よく採用する素材を選んで仕上げてクライアントの方に
実際仕上がった状態を感じてもらえるようにしています。
特にフローリングなど床材は歩行感を体感できると大好評です。

もちろん今回のSさんとの打ち合わせ場所は私の家。
サンプルだけではウンウンうなっていただろう打ち合わせも
おかげでサクサクと進みました。

床は主にコルクタイル。壁と天井は調湿性のある塗装を塗ることに。
オフィスでありながらも和み感のあるインテリアになりそうです。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-08-24 23:03 | 設計中!