団地って輝く都市だったんだなぁ…「千里ニュータウン展 特別付録」
吹田市立博物館へ「千里ニュータウン展 特別付録」を見に行ってきました。
6月まで同館で行われていた「千里ニュータウン展 ひと・まち・くらし」のダイジェスト版の展示。これは最近団地づいているヨシナガさんとしては外せない。いやー、期待にたがわぬコアな内容でした。

a0076828_23513138.jpg ←当時の記録映画。いかにニュータウンが夢の住宅地かを紹介。緑がほとんどない竣工当時の映像はいま見ると殺風景で人が暮らすところとは思えないけど、当時は輝いて見えたんだろうなぁ。そんなことを感じさせる熱い内容でした。


a0076828_2352175.jpg←当時は内風呂がない家は珍しくないけど、団地もまた例外ではない。どうしてもお風呂が欲しい家庭用に売り出された極小ユニットバス。これで二人で入るのは無理があるだろう(笑)。体を洗うときは湯船にふたをし、その上に乗って流すのだそうだ。これも無理がある。それでいて値段は当時のサラリーマンの一か月分の給料だったとか。それでも需要はあったのでしょうね。

a0076828_23521332.jpg←ご存知、元祖ミュゼット。この展示では座席に座ることができます。全てがシンプルにできていてすごくいい。
[PR]
by yoshinaga-son | 2006-07-24 23:56 | VIVA!団地


<< なぜ社員旅行や社内運動会が増え... 団地の魅力を再確認…けんちくの... >>